ブログUKULOG

五島の富士山?城ヶ岳は展望台から島ならではの絶景が拝めます。

2021.10.18

宇久島って、みなさん海!海!海!と海のイメージを多く持たれていると思うのですが、マイナスイオン満開の山も魅力が沢山!今回は宇久島一番の山、城ヶ岳をご紹介いたします!

島の中央にそびえる通称五島富士

城ヶ岳は宇久島のほぼ中央に位置しており、標高は約259mの鐘状火山です。火山でも今は噴火しませんのでご安心を。

横から山を眺めると綺麗な山型でその見た目から「五島富士」とも呼ばれています。

周囲に遮るものがなく、ぽっこり城ヶ岳だけがそびえます。
色々な場所から眺められます。ここはヒゴタイの里

五島列島一望できるのは城ヶ岳だけ!

車でも訪れることができる城ヶ岳山頂ですが、とにかく景色が素晴らしい!北東の水平線を見ると、晴れた澄んだ日には壱岐、対馬が眺められます。さらに、南西方向は五島列島が一望できます。小値賀、新上五島、福江の島が一望できる山は城ヶ岳だけ!五島列島最北端ならではの眺めですヨ!

五島列島が一望できます!

様々な文化遺産が残っています。

旧佐世保海軍警備隊宇久島特設見張所跡

展望所付近には日本遺産に認定されている「旧佐世保海軍警備隊宇久島特設見張所跡」があり、第二次世界大戦時には多くの敵機をレーダーで探知し、佐世保鎮守府を経由して国防に活躍しました。六角形のコンクリートには大型の101号電波探知機、近隣の地中には大和や武蔵をはじめ多くの艦艇にも付けられた13号電探が設置されていました。

愛宕様(防塁外観)
愛宕様(防塁内)

展望所より反対の山頂には古い防塁の跡があり、中には愛宕地蔵さまが祀られています。防塁が作られた詳細な年代は不明ですが、俯瞰図でみた城ヶ岳の防塁は朝鮮半島で見られる蝸牛型防塁と酷似しているそうです。近隣には無病息災等を祈願した「一字一石塔」や、平方面を眺められる第二展望台があります。

西海国立公園指定だから、自然も凄い。

木のウロにはミツバチの巣がありました
ユキノシタの群生

宇久島は東部~西部海岸線からこの城ヶ岳山頂付近が西海国立公園に指定されています。国内34か所しかない国立公園に指定されている分、島ならではの独特な自然が溢れています。

山頂付近ではアサギマダラやタカの渡り、コノハズクなども見られ、五島列島名産であるツバキの花も季節になると沢山花をつけて観光客を楽しませています。

山中トレッキングも好評です!

城ヶ岳ふもとにある「妙見神社」から城ヶ岳トレイルロードが整備されています。山登りとまではいかないですが、トレッキングするのに最適な距離と高さ。

このトレイルロードを活用して城ヶ岳にまつわる歴史や自然を中心にガイドさせていただいているのですが、個人的には運動不足に最適なんです(笑)参加される際はトレッキングポールを持参されることをおススメします。

また、林の中をコツコツ歩いていくのですが、薄っすらした明かりの下石垣に生えるシダを見ながらやひんやり適度な湿度が辺りを包み込み、マイナスイオン満開!って感じです。

いかがだったでしょうか?宇久島を代表する山、城ヶ岳のご紹介でした!お越しの際はぜひ山頂の大パノラマをご覧ください!

記事をシェアする:

記事にいいね!する: