ブログUKULOG

うくちゃりで行く!宇久島ツーリング(後編)

2021.12.20

続・長崎鼻シーサイドロード。

長崎鼻灯台にて撮影&休憩を取った二人。引き続き長崎鼻シーサイドロードを疾走します。

今回つくづく思いましたが、サイクリングされる際は水分補給をお忘れなく!

シーサイドロードは若干のアップダウンがありますが、走ってみたところ特に酷なところもなかったです。

ところどころ写真映えしそうなスポットが点在しています。

海の青さに思わずパチリ(笑)

島で一番観光客に見られている牛たち。

長崎鼻シーサイドロードを抜けて北へ進むとすぐにT字路に当たります。T字路脇には…

牛。

ここにも牛がいました。

しかしここの牛は長崎鼻と違い、異常に近いです。柵一つ向こうからこっちを見ています。三白眼です。ちょっと怖いです。

この場所は大浜海水浴場への途中に面しているため、大浜海水浴場へ向かう観光客の方々に必ず見られています(雨の日以外)。

なので、宇久島で一番いろいろな方々に見られている牛です。恐らく。

立ち止まって見ていると、間近まで寄ってきてくれるのでその迫力をぜひご覧ください。

大浜海水浴場到着!全行程2時間!

寄り道しながら全行程約2時間。ようやく大浜海水浴場に到着!

郡野カメラマンの撮れ高も気になるところですが、干潮時の大浜海水浴場、どこまで潮が引いているか超気になります。

大浜海水浴場をそのまま浜に出ても良かったのですが、キャンプ場を通り越して通称「くうの鼻」まで向かいました。

くうの鼻は草原になっており、夏にはBBQなども楽しめます。トイレも完備されています。

本当の大浜海水浴場。

くうの鼻は下(砂浜)へ向かう階段があり、大浜海水浴場の北側に降りることができます。

早速下ってみます。わくわく・・・

うおぉ・・・

壮大!!

ここ、JAPANですよ!?

凄いでしょ!?これぞ宇久の誇り!!!

大潮の干潮時に大浜海水浴場は、文字通り大きな浜になります。全長約600mを超えるのでのんびり散歩してみてもよいのではないでしょうか??

こんな旅もよくないですか?

宇久平港→大浜海水浴場まで電動アシスト自転車うくちゃりを活用して巡ってみました。

うくちゃりを長時間乗って感じた感想は、

感動的な景色に逢えた瞬間、尻の痛みは消え去る。(前編参照)

景色・景勝地を見て回る時、自転車だとそのままの自然がダイレクトに伝わってきます。路面のガタガタは尻にダイレクトですが。

爽やかな風や潮の匂い、陽のぬくもり、鳥のさえずり…とにかく五感がフル稼働で、なんだか、

生きてる♪

って実感できます。

宇久島を堪能される際はうくちゃりも一つ選択肢に入れていただき、楽しんでみられてはいかがでしょうか?

記事をシェアする:

記事にいいね!する: