ブログUKULOG

城ヶ岳山頂に洞窟を発見!?周辺を探検してみました。

2022.02.18

山頂ニ洞穴アリ

観光協会檜垣です。先日とある方からタレコミがありました。

城ヶ岳の山頂付近に洞窟があったぞ。

洞窟!?

興味津々で見に行くことに(with栗原隊員)。

ここを下っていかないといけないようです。やん・・・

とりあえず、下れそうな場所からエントリー…

折れた竹を足場にしてゆっくり進んで行きます。安易に来るんじゃなかった(汗)

崖を下ること20分。

もうどこ通ってるのかよくわからん状態です(笑)

すると突然眼下に、

お?

おお!?

これだ!!!

栗原隊員とひとしきり感嘆し、奥まで続いているのかどこに繋がっているのか自然なのか人工なのか獣の住処になってないかとかなんとかかんとか言いながら入口から中を覗き込みました。

まっくら。暗闇。ダークサイド。

洞窟内に踏み込む一歩の勇気がない。普通にこわい。スマホで照らしてみますが全然ダメ。奥は見えません。

・・・

結局、後日装備を整えて入ることにしました。こわかった。

洞窟の正体とは。

実はこの洞窟は。

洞窟を教えてくれた方、実はちゃんと正体を教えてくれていました。

正体は防空壕だそうです。

ただ、山肌の反対まで貫通しているかはわからない、更には入ったこともないとのことで、一度見てみようということで赴いたのでした。

第二次世界大戦中、城ヶ岳山頂には現在では日本遺産構成資産として指定されている電探施設が配備されていました。

旧佐世保海軍警備隊宇久島見張所跡

五島列島は国境に接しており国防の要。五島最北端の城ヶ岳は見張所として最適な場所でありました。

その関係からやや下った場所に防空壕が設置されていたのだと思います。

ただし利用されていたのかは不明です。城ヶ岳は敵の爆撃を受けた記録がありません。

とりあえず次回は人数を増やしてこの防空壕に再挑戦したいと思います。フル装備で(汗)

記事をシェアする:

記事にいいね!する: